『棍棒飛ばし』が陽楽の森にやってきました。

ジメジメとした梅雨の日曜日、陽楽の森で棍棒飛ばしの練習会が開かれました。

どすこいの子ども達が棍棒飛ばしにチャレンジ。

棍棒飛ばしは男の子に大人気でした。男子と棒ってやっぱり相性いいよね。

棍棒飛ばしは全日本棍棒協会が提唱する新しい競技で、現在着々と競技人口も増えているそう。代表の東千茅氏が直々に子ども達に棍棒の飛ばし方のコツを教えていました

その後王寺町の棍棒飛ばしチーム『KING TEMPLES』のメンバーも合流し、競技の練習会が開始。ゴリさん、川端さんといった選手たちが棍棒をボンボン飛ばしていました。

「棍棒飛ばしのコツは薪割りに通ずる」

と語っていた現役きこりのゴリさん。初体験の川端さん(薪割りが仕事)も無茶苦茶飛ばします。

大人の本気はやっぱりすごい。

競技では飛んできた棒を打ち返す「防御」も大事なポイントだそう。いや、普通に怖いです。

8/11に大会も開催されるそうなので、ご興味のある方は是非。

棍棒飛ばしのルールはこちらから、棍棒飛ばしの様子はこちらのYoutubeで見れます。

ちなみに僕もチャレンジしましたが、小学生より飛びませんでした。

まず筋トレから始めます。

この記事を書いた人Writer

陽楽放送局編集部
投稿者のアイコン

〇〇な人

山下 真

Yamashita Shin

兵庫県で生まれ、京都で学び、最近奈良に越してきたデザイナー。(一社)大和森林管理協会で働きながら、STUDIO MITZでデザイン活動も行なっています。陽楽放送局の編集部に所属し、陽楽の森で起きた出来事などを記事にしています。「陽楽の森をもっとひらく」をモットーに、森やまちで起きることを逃さず記事にする、、、つもり。自信はないですが、可能な限りやります!ご飯と漫画とサッカーが好きです。

関連記事Related Articles

子どもたちが陽楽の森にどんぐり苗を取りに来ました

森を「みんなでつくる」が始まりました。

育苗プロジェクト始動のために、みんなでドングリを拾いました。

お便り
お便り

キーワード検索