どんぐり苗が陽楽の森に帰ってきました

昨年香芝市のこども園の子どもたちに預けられ、育ててもらったどんぐり苗が陽楽に帰って来ました。苗は子どもたちの手で植えられ、今後は陽楽の森の中で成長していきます。子どもも木も大きく育って、またいつか陽楽の森で会おうね。

関連記事Related Articles

木工棟の屋根がパワーアップ

薪ができるまで:乾燥

秋の実り〜その3〜

お便り
お便り

キーワード検索