こわいかもしれない話

夕方、ひとりで木工場で作業していたら、ばんばんガラスに物が当たる音がしたんです。でも窓を見ても誰もいない。よおく聞いていると、どうやら上の方の窓から聞こえるんですね。恐いなぁ恐いなぁと思ってゆっくり見上げると・・・・・なんか青い鳥がいる!!寂しく仕事してる僕を応援しに来てくれたのかもしれないですね。

関連記事Related Articles

破壊は春の季語じゃよ

謹賀新年〜2024年〜

みんなで「良い土壌」をつくる

お便り
お便り

キーワード検索